2016_01
08
(Fri)22:28

嫁に行ったストラト

今日は昨年末の大阪前以来の深夜明け。
年始まで、うちのチームにとんでもなく大変な患者さんがいて、その患者さんが退院後初めての深夜。
久々に穏やかだったなぁ…と少し思いました。
まぁ、昨日は昨日で稀に見る大変な状況になったし、夜中も夜中で「勘弁してくれー」ってことがあったりしてましたが。

昨年末、職場のパートさんから、とある話を聞いて私の1本のエレキをお嫁に出しました。
お嫁に出したエレキはストラト。
IMG_2476 (375x500)
高校か短大の時だったかなぁ…
アルフィーファンになって間もない時に最初に初心者セットのアコギを買って、その次に買った初心者セットのエレキ。
その初心者セットのエレキがこのストラトでした。

そのあとにレスポールが1本欲しくなって中古で買って、そしてつい最近ではたかみーモデルのFlying-Vを購入。
そんなわけで、この初心者セットのストラトは忘れられた存在になってしまいました。

昨年末、職場のパートさんからおもしろい話を聞きました。
それはパートさんの息子くん(小5)の話。
何かでアルフィーの楽曲を耳にしたようで、息子くんが「この曲って誰の曲??」と聞いて来たそうで、「アルフィーだよ」と教えたそうな。
そのあと「Alfee Get Requests!」を聴かせたところ「孤独の美学」に食いついたそうで、その曲を聴いて「エレキを弾きたい!!」と言い始めたそうです。
ほかの曲も聴かせたら、結構渋い曲に食いついてたそうです。

アルフィーのピアノスコアを持っていたそうで、それを息子くんに渡したらピアノでアルフィーの曲を弾いて遊んでたみたいで、その中でよく弾いて遊んでいた曲が「ロンサム・シティ」。
そんな話を聞いたら小5でアルフィーに食いついたところ、そして渋い楽曲に行っちゃうって話がなんだかもうおもしろくて(笑

アルフィーファンとして、そんなおもしろい息子くんを放ってはいけないw
「エレキを弾きたい」と言ってたって聞いて、ふと自分の中ですっかり忘れ去られたストラトの存在を思い出したのです。
そしてストラトをお嫁に出すことにしました。

5年以上ぶりに久々に取り出したストラト。
ボディーやネックを磨いてあげて、エフェクターとアンプに繋いで音の確認。
弦の交換は息子くん本人にやらせるとパートさんがおっしゃっていて、ちょうど余っていた新品の弦があったので新品の弦とたかみーのピックをつけてあげました。

パートさんに渡したのが年末年始の休みに入る直前であったため、そのあとすぐにはパートさんにはお会いできず、昨日やっとその後の経過の話を聞くことができました。
あんなストラトでお気に召してくれればいいけど…と、ちょっと心配していたのですが、どうやら結構気に入ってくれたみたいで喜んでくれたみたいでした。
楽しく弾いて遊んでるという話を聞いて、こっちもうれしくなりました(^ω^)
まぁ、小5…というか学生のうちは安いギターで十分だろうとは思っていましたが。

アルフィーに食いついたパートさんのそんな息子くんに私は会ってみたい(笑
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック