2015_12
11
(Fri)21:47

やはり今年1年は悪運?

今年1年はやはり自分はおかしいみたいです。

先日の聖飢魔Ⅱの新潟ミサのチケットが届かないというアクシデントに続き、今度は事故りました。

昨日、これから準夜勤に出勤っていう時のことでした。
準夜勤前は比較的コンビニで買い物してから出勤することが多く、昨日もコンビニでマンガを立ち読みして買い物してから行こうと思い、近所の約100m先のコンビニに立ち寄りました。

自分が駐車場に止めようとした時、買い物を終えたワンボックスの車がバックで出て来た際に車をぶつけました。
相手も私が入ってくるってことまでは気付かなかったみたいだし、私は私でこのまま行けるかな…と過信した結果のぶつかりでした。

ぶつかったのは相手の車の右前と私の車の左前。
相手のワンボックスはバンパーが頑丈についているものだったので、大きなキズになることもなく、擦った後が残っただけでした。
ところが私の愛車はというと…
左前のバンパーがベロリ。
車の内部が見えてしまうほどの捲れ方でバンパーの上にも軽くキズができてしまいました。

幸いにお互いにケガはなし。
男性の方は優しい方でした。

すぐに警察を呼んでくれて現場検証。

ちょうど父が仕事から帰宅していたので、私は父に電話。
父が徒歩ですぐにコンビニまで来てくれました。

車同士のぶつかりなので、対物扱いとなりました。

お互いに保険屋に電話して、あとは保険屋同士のやり取りということで変にゴタゴタになることもなく、その場は終了となりました。

自宅の隣に親戚がやってる修理工場があるので、すぐにそこへ車を持っていき、愛車は入院。
すぐに代車を借りて、私は準夜勤へ改めて向かいました。

一昨日の深夜勤、そして昨日の準夜勤は私がプリセプターとしてやっている後輩への最終夜勤指導でした。
まぁ、昨日の夜勤中は何度上の空になったことか…

今日の午前中に保険屋さんが自宅に来て、初期対応をしてもらい、修理工場の方にはすぐに修理を始めて良いとのOKをもらったので、早速修理をしてもらうことになりました。

今回の事故は自分としてはお互いに過失があるかなぁ…とは考えてます。
私も動いちゃってたしねぇ。
相手の方も「自分にも過失はある」ということを言ってるようなので。

これからまだまだ遠征が残っているっていう時の事故。
何が一番痛いって、聖飢魔Ⅱのライブ。
新潟ミサのリベンジで仙台ミサの予定を入れてしまったんです。
そのミサが来週の19日。
愛車が戻ってくるには結構キビしい現状。
しかも19日のミサの前に半日仕事をして仙台ミサに参加し、翌日は早番に出勤。
なので車で行く気満々でいたのです。
新幹線だと日帰りができませんし。
もう代車で行くしかないかな…と。

12月に入ってもここまで悪いことが続くとなると、やっぱり今年1年はダメな年なのかな…と自覚します。

2か月に1回のペースぐらいで悪いことが起きてるんですよね。
*1年を通して人付き合いがめっきりダメになってしまった。
*腰痛が急に悪化で2日間身動きできず寝込む。
*職場で人事異動騒ぎ。
*親からめたくそに言われ、すべてのことを否定され「最低な人間だ」と言われる。
*トラックと接触事故を起こしそうになる。
*ネット詐欺にあう。
*聖飢魔Ⅱ新潟ミサのチケットが未到着で参加できず。
*事故。

ほかにもきっとあったのかもしれないけど…
自分の中でいくら考えても今年になってからおかしくなったようにしか思えない。

そしたら自分が厄年でもなんでもなくても身内など周りに厄に引っかかる人がいると、その影響を受ける可能性がある…というのを耳にしました。
調べてみたら、父が前厄であり方位よけに該当。
弟も前厄であり、方位よけに該当。
母は方位よけのみ該当。
私だけどちらも該当せず。

もしかして家族の厄の影響を私が受けている…??
家族内で何か不幸があったかっていうとそんな目立ったことはないし、家族はたぶんそこまで気にしていない。
まぁ気持ちの問題なんでしょうけど、私だけ悪運が続くとやはり何かがくっついていそうで(>_<)

神社でなんかやってもらった方がいいんじゃないか…って本気で悩み始めまして…
今日、相談したアル友さんの勧めで行ってみようかな…という結論に至りました。
そのアル友さんも何かおかしいって何となく感じてらしたみたいで。
他人から言われるとやっぱりそうなのかなぁって思ってしまいますね。

ちゃんとお守りもあった方がいいなって今は思っています。

来年こそは明るい年にしたいんだけどーっ(TДT)

事故まで起こすとは思ってなかったから、ほんとめっちゃ落ち込むorz
誰かにすがりつきたいけど、傍にいてくれる人なんていないしー。
泣きたくなるよ、もう(/_;)

来年から車の保険料が上がってしまう…orz
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック