2015_06
11
(Thu)23:13

1日中カフェにこもる

今日は束の間の休日。
元々は過酷6連勤中という状況だったのですが、師長が6月14日にある研修のことを知らず、研修の日を休みにしてしまったがために勤務変更がかかり今日が休みとなりました。

まぁ、今日を休みにしたところでどっちにしろ明日からは研修を含めた5連勤。
しかも研修は埼玉だってのに、前日の勤務が準夜勤。
夜中の2時に帰宅って、その日に埼玉で研修とか確実睡眠不足で研修じゃん。
ところがどっこい、休みを変更しただけで安心しているであろう師長。
研修前日が準夜勤ってとこも気にして欲しかった…

で、久々に昨日準夜勤をやったら患者数が少ないくせしてナースコールのハンパなさ。
休むヒマがなく、途中でグッタリ。
私はこんな状態で研修にいかねばならんのかい…とゲッソリ。

研修前日の13日、誰かと勤務交換はできぬものかと深夜勤明けのシフトになってる後輩に交渉するも後輩が用事があるため断念。
しかし、あとで勤務表を眺めた時に絶対交換してはいけない夜勤であったことが発覚。
元々、人が少ないと言われていた13日。
で、私と準夜勤を組む相手が夜勤初1人立ちの後輩。
遅番は私が指導している新人後輩。
遅番の看護助手は常識知らずの問題人物。
立場上自分が一番上。
あとは唯一頼りになるのが当直の看護助手さん。
もうね、「あーそうですか、私がやるしかないんですね、やりゃーいいんでしょ、やりゃー。」ってヤケクソになりますよ。

で、その14日に行かねばならない研修。
この研修の前に事前にやっておかなければいけないことがあって…
それは大変な大変な宿題だったのです。

1.看護必要度というやつの事前試験を20点中20点満点取ること。
2.指定された動画を見て看護評価等をしてサイト上で事前提出。

その事前試験ってのがちょー厄介で、試験もすぐに受けられるものじゃなくて、サイト上で大量にある項目を全部読んで学習して、演習という名の大量の問題を解いてからの試験でした。
まさかこんなんだとは思ってなかったらか余裕をかましてたら、研修体験者から話を聞いたらそんな場合じゃないってことにようやく気付きまして…(笑
今週に入ってから急ピッチで進めました。

昨日になってやっとこ試験へこぎつけることができたのですが…
その20点満点の試験がまぁ~取れない取れない…。
昨日、準夜勤前にスタバに行き、カンニングしながらメモして勉強しながらやるもクリアならず。
そして今日に至りました。

今日はアル友さんとカフェでランチという約束があったので、その前にスタバで事前試験に再挑戦。
19点までいったりしたのですが、アル友さんと会うまでにはノルマクリアならずorz
一旦中断し、アル友さんとのランチへ。

ハワイアンカフェに行って来ました。
前から気になっていた建物にあったカフェで、アボガドハンバーグ丼たるものとマンゴージュースを食しましたが、すごくおいしかったなぁ。
IMG_1993 (600x450)
私も1人でしみじみと通いそうです。

アル友さんの都合で16時半頃に解散。
そして私は再びスタバへ行き、研修の宿題再開。

ファミレスに行こうかなとも思ったのですが、ファミレスではうるさいし、店内アナウンスも気になるしでスタバに戻りました。
スタバだったら勉強してる人が多いし、店内の曲も差し支えないし。
私が行ったスタバは0時閉店のため、0時をタイムリミットにして試験をクリアするまで帰らないと決めました。
家に帰るとすぐ挫折して寝ちゃいますからね…

…と言いつつ、何度解いても20点満点に一向に届かずスタバでやっても挫折しそうになりましたorz
IMG_1996 (600x450)
こんだけいろいろと書き記して…
20時頃についに20点満点獲得!!
17回目の試験でクリアできました…(-_-;)

そこで帰ろうかなぁと思ったのですが、少しでも宿題を終わらせておこうと思い、2つ目の宿題に取り掛かりまして半分ぐらい終わらせました。

そんなこんなで…途中退席したとはいえ、お昼の12時頃から夜21時頃までスタバに缶詰。
試験に至っちゃー丸2日間。
こんなに缶詰状態で勉強するのって短大時代の国家試験勉強で教室に強制缶詰された時以来です…(笑

私は勉強が大嫌いだし、家じゃ絶対勉強できない人間。
学生時代は勉強の方法や勉強するのに最適な環境がどこなのかもわかっていなかったから勉強ができておらず…
もし今みたいに自分にとってここの環境が勉強する場所に最適!ってのを見つけて勉強できていたら今頃もうちょっと頭が良かったんじゃないかと思います(笑

1日中頭を使いまくったために、せっかくの休みだったのに結局疲労感orz
休んだ気にならなかったのでしたとさ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック