2015_03
28
(Sat)13:15

2年連続任命

アルフィーの春ツアーも始まり、あっという間にもう4月。
新年度の幕開けですね。

最近になって、仕事内容や人間関係を含めて今の職場に居続けるのは如何なものか…??と思っており、職場を変えようか真剣に考えている自分。
経験年数もすでに今年で5年目に突入。
自分のスキルupのためにも職場を変えた方がいいだろうとは考えていました。

ところがどっこい、そうこう悩んでいるうちにまた1年、今の職場を辞められる状況でなくなってしまいました。

なんと2年連続でプリセプター(新人指導者)に任命。

それが発覚したのは3月25日。
その日は日勤で、いつものように早々と職場に到着し職場の駐車場で30分ほど睡眠を取っていました。
病棟へ行く時間を知らせる携帯のアラームが鳴り、起床。
車を降りたらちょうど副主任の先輩と遭遇。
「おはようございます~」なんて挨拶をしたら、それに続いて先輩が「○○さんに大事なお話があるんだけど~(笑」と笑いながら話を始めました。

怖い!怖い!!怖い!!!wwwと思いながらビビりながら話を聞くと…
「今年もプリセプターをお願いします」と言われました。
私は思わず「ですよねー、だと思いました(笑」と返答。

そろそろ1つ下の後輩にプリセプター権が回って行ってくれるかとも思っていたのですが、先日の職場の仲良し組と焼肉をした時にプリセプターは誰になるか!?の話をしていたのです。
そしたらまた私になるんじゃないかっていう予想がみんなして出ていたし、私自身も何となく予想はついていました。

新人って言っても今回はうちの病棟には新卒の入職者はいなくて、うちの病院に勤めながら看護学生をやっていた人なので病棟のことはわかっている人。
ちなみに…今までは私より1つ年下の子を指導していましたが、今度は30代頭の年上後輩となります。

30代で既婚者の人なので、そんな人に25歳のこのペーペー若造が技術や看護ケア、家族との関わりなどを教えることになるってことが自分の中で不思議で不思議で変な感じがします。

先日、指導内容の1年間の計画や技術評価の書類、レポート課題の内容やすでにやって来てくれたレポートを受け取りまして、早速ちょこちょこと目を通しています。

今年度教えていた後輩Mちゃんは私が次のプリセプターに決まったと聞いた時に「そうやって私を見捨てるんですね!?いいもん、3月31日までは私のプリセプターでいてくださいね!(笑」なんて嫉妬みたいなのが出たのか冗談混じりで言って来て(笑
でも、そうやって頼って言ってくれるのはすごくうれしいし、後輩に恵まれたなぁと思いましたね。
1年間、Mちゃんを指導して来ましたが、私と違ってかなりの努力家だし、人懐っこくて病棟にすぐに溶け込めたしで今ではすっかり自立して仕事が出来ています。
私としてもすごく助かったし、勉強になりました。

この1年間、指導者としての反省点はやっぱり教え方がめちゃくちゃヘタクソだったこと。
相手にわかりやすく教えようと思ってもうまく説明できなくて、いつもちゃんと伝わってるかな??って不安でした。
1年間プリセプターを初めて経験して、流れはなんとなく分かったので、その1年の経験を活かしてまた新たなスタートとして新人の指導をやっていきたいと思います。

もちろん今までのプリセプティーであったMちゃんのことはこれからも気にしていってあげますとも(・∀・`)
スポンサーサイト
****   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック