太陽は沈まないのが白夜

日常や好きなこと、趣味などのどーでもいい話をここに記録として残していく場所。本音も吐くため 時折あえて記事を隠してるものがありますが、ネガティブな内容の記事となっておりますのでご注意ください。

 

11月1日

Edit Category 日常
個人的などーてもいい話なので隠します。
スルー推奨。





11月1日。
この日はアルナイが記念すべき100回目でもありましたが、彼氏の誕生日でもありました。
アルナイVol.100の日に彼氏の誕生日がぶち当たる。
偶然に偶然が重なった私にとっては素晴らしき日でした。

相変わらず夜勤明けの私は、夜勤を無事に終えた後にいつものようにそのまま彼氏んちへ。
彼氏んちへ到着して早速、誕生日プレセントを渡しました。
今までは彼氏に誕生日プレゼントで欲しい物をダイレクトに聞いてプレゼントしていました。
一昨年はグライダーカポ、昨年はこたつ布団。
もちろん今年も欲しい物はないか聞いたんです。
何週間も前から。
ところがこれと言った物はなかったみたいで…

なので今年は自力であげることになりました。
どういう物だったら無難か…
どういう物だったら使ってくれそうか…

いろいろ考えた結果、そして実際に物を探しに行った結果、以下の物になりました。
*スカルのワンポイントが入った黒のパーカー
*長財布
*ネクタイ

実は2つぐらいにしようかな…と思ったのですが、探しに行ったら3つになっちゃいました(;^_^A

パーカーは着てるのを見たことないのですが、スカルだし黒だしで単純に似合いそうだから。
「パーカーを着る年齢じゃないだろー」と言われたのですが、そんなの年齢とか関係ない!!絶対似合う!!!と私は思います。
彼氏はそんなことを言いつつも、翌日の晩ご飯を外で食べた後にちょこっと寄り道した時に「これならもらったパーカーに合うだろうし」と言いながらポケットにスカルのマークが入ったデニムを購入していました。
いつかそのお姿を見られる日が来るのを楽しみにしている私です。

お財布は結構使い古していたので。
そしたらプレゼントして早速、私があげた財布に中身を入れ替えてくれてすぐに使ってくれました。
元々使っていた財布と似たような容姿の財布にしました。
ガラリと替えちゃうときっと使い勝手に困ると思ったので。
どうやらその考えは正解だったみたいです。

ネクタイは…実はこれが追加となった物。
お財布を探して歩いていた時に偶然見つけたのです。
五線譜に音符の柄のネクタイ。
ギターを弾くし、音楽が好きだから気に入るかもしれない!と思って選びました。
色にかなり迷いましたが、このぐらいの色だったら大丈夫かな…と暗めの色をチョイス。
そしたらその選択も間違っていなかったようで「センスがいい!このぐらいの色なら大丈夫そう」と言ってくださいました。

これじゃプレゼントが多いかな??と思ったし、実際にあげたら「1つでよかったのに」と言われたのですが、私としてはいつも迷惑をかけてばっか、困らせてばっか、お世話になりっぱなし…なので、このぐらいが妥当だと考えました。

プレゼントされた物を気にかけてくれたり、喜んでくれたので安心したし、うれしかったです。


アルナイではいつものように彼氏が出番の時は動画撮影担当。
そしてバースデーコーナーでは目の前でお祝いできたし、ろうそくを吹き消す瞬間の写真を何とか撮れたし。
昨年はバースデーコーナーの時に写真を撮ろうと思ったら恥ずかしくて撮れなかったもんなぁ…
ちょい進歩。

アルナイでも個人的にうれしかったことがありました。
アルナイではお互いに好きなように過ごしているので、隣同士で席に座るということがほぼありません。
まぁ正直、隣に座りたいってのが本音なのですが、向こうもお友達と過ごす時間ではあるので邪魔してはいけないと思い、我慢をしておりますし放流させてあげないとねw
私も私でお仲間と楽しく談笑しております。
でもこの日は珍しく私の隣の席に座ってくれたのです!
…って、元々彼氏が座ってた席が別の方に座られてしまったので空いていた席である私の隣に来た…っていうだけなんですけどね。
でも隣になると、演奏中とかでも耳打ちで話しかけて来てくれるし、お仲間たちと一緒に会話できるしで楽しさが増しました。

そして何より一番うれしかったのが2ショット写真が撮れたこと!!
「カップルの2ショット写真なんて普通でしょー」って思われるかもしれない。
だけど、私の中ではこの日のは奇跡だと思いました。

2ショット写真はずーっと撮りたいと思ってはいたものの、向こうはそういうのが苦手かもしれない、嫌だと思うかもしれない…あとは自分も恥ずかしいと思うとこもあり、言いたくても言えなかったのです。

そして何とか勇気を出して言って2ショット写真を撮ったのは2年前の夏イベの時。
その1枚のみしかありませんでした。
しかもその写真、冷静になって見るとお互いの間に微妙な距離感があって笑ってもない。
今思うと若干失敗だったし、その距離感と無表情のせいであまり好きな写真ではない。
夏イベなんて全国から大勢の人が来てるわけだから、そんな中で2ショットなんて気が引けてたのかもしれない。
当時の自分はいい機会だ!と思ったんだろうけど。

そしてそれ以来、2ショット写真は撮っていなかったし、私も言いませんでした。

アルナイではえっちゃんがよくいろんな方の写真を撮ってくれてるのを目にします。
えっちゃんは私の隣にいつも座って来てくれるし、いつもお話し相手になってくれています。
バースデーコーナーの最中は彼氏の写真を何枚か撮ってくれてたし、バースデーコーナーの後も彼氏の記念すべき写真を撮ろうとしていました。
隣にいた私は「さすがにこんな公の場で一緒に写るのは雰囲気的にまずいかな…」と思って避けてフレームアウトしたんです。
そしたらえっちゃんが「かりぃも一緒に入りなよ!」と言ってくれたのです。
その写真をあとでメールで添付してもらって見たら、それはもう自分の中では奇跡すぎる写真で嬉し過ぎてやばいものでした。
2年前とは比べ物にならないぐらい素晴らしくて…
私が思い切ってフレームインしたので、距離感はぴったりくっついてるし、何より2人とも笑顔でピース。
写真を眺める度に「奇跡だ…」と思っています。
それほど自分の中でめちゃくちゃうれしかったんです。
えっちゃんに感謝~(/_;)

ラストの「SWEAT&TEARS」は今回はイスの上に立って動画撮影したので、バッチリ撮れたし、お立ち台も収められたし。

今回のアルナイは珍しく私の運転でした。
彼氏の車の都合上、使えない状況だったため私の車で行くことになりました。
いつも運転してもらってるので、たまには代わって私が運転していかないとね!
でも夜勤明けでまともに寝てないくせに、運転中によく睡魔が来なかったもんだ。

11月2日の朝7時半頃に彼氏んちに無事帰宅。
そしていつものようにダラダラ過ごして1日終了。

実は誕生日を機会に彼氏に手紙を書いて来ていた自分。
手紙を書き上げるのにバカみたいに何時間も掛けていました。
相変わらず言いたいことを直接言えない自分なので、少しでも伝えようと謝罪と感謝の気持ちを書き記しました。
それを帰り際に知らんぷりして置いて私は自宅に帰ったのです。

その手紙を彼氏は読んでくださったのかどうかは不明です。
手紙を置いてった後に「あんな手紙を書いて良かったのだろうか…置いていって良かったのだろうか…やっぱやらない方が良かったんじゃ…」といろいろ考えてしまってました。
まぁこちらから読んだかどうか聞くもんじゃないし、聞いたら変だしね(笑

楽しい2日間であったし、何より誕生日当日にお祝いできたのがうれしかったです。
そういえば…ケーキをご馳走してなかった…
スポンサーサイト

Newer Entryライブに行ったはずなのに…

Older Entryアルフィーナイト Vol.100

Comments


 
11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10 12


 
 
カウンター
 
プロフィール

かりぃ

Author:かりぃ
THE ALFEE、さだまさしさん、聖飢魔Ⅱ、水樹奈々さんが大好きな20代。
人生にヘコタレてばっかりのへなちょこ人間。
THE ALFEEコピーバンド「RADICAL TEENAGER」ベース担当。
時折こっそりエレキを弾くこともあったり。

THE ALFEEライブを中心に、その合間にさださんやその他のライブにあちこち参加しています。
30周年記念復活より聖飢魔Ⅱの信者にもなりました。

*趣味
ALFEEイラスト作成/ギター/ゲーム/ガンプラ制作/長距離運転/スキー


*好きなもの
★音楽
THE ALFEE/さだまさし/聖飢魔Ⅱ/水樹奈々/中島みゆき/吉田拓郎/かぐや姫/所ジョージ/ボーカロイド/フォークソング

★お笑い
さまぁ~ず/内村光良/東京03/ヒロシ

★アニメ/マンガ
宇宙戦艦ヤマト/銀河鉄道999/ガンダム(キャラよりもMS好き)/進撃の巨人/NARUTO/繰繰れ!コックリさん/ポケモン/好きっていいなよ。/君に届け/エヴァンゲリヲン/セーラームーン/戦姫絶唱シンフォギア

★特撮
平成仮面ライダー(ずば抜けて好きなのは電王)
戦隊ヒーロー

★その他
宇宙/星空/月明かり/夜景/ドラゴン、ペガサス、天使、悪魔、妖怪などの幻想的なもの

 
たわむれごと
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブロとも申請フォーム
 
検索フォーム
 

ARCHIVE RSS