2014_05
30
(Fri)23:53

いろいろとお手伝い

おじいちゃんが亡くなったその日、ケータイでブログを更新したら彼氏からメールが。
彼氏からメールなんて滅多に来ないから、来ただけでもビックリしたし、内容を読んだら涙が込み上げて来ました。
メールをもらった直後、「今ならちょっとだけなら大丈夫かも…!急でごめんっ!!」と思いつつも実家の外で電話。
そしたら電話に出てくれて、励ましてくれました。
結構、心が沈んでいたのですごく心が救われました。
いつも迷惑をかけてばっかで困らせてばっかだろうに、こうやって陰ながらも気にしてくれて支えてくれてるんだなぁと改めて感じました。
本当にありがとう。

昨日は実家で1日お客さんのお茶出しをやったりご飯の準備や片付けを母たちと一緒にやっていました。

私はAURISをディーラーに出しに行ってから実家に行ったのですが、その間に結構お客さんが来てたらしい??
母に「忙しいのはもう過ぎちゃったかも…^^;」と言われてしまいました(´・_・`)

その後はまぁチラチラとお客さんがいらっしゃったんでお茶出しをしてました。

ヒマな時は実家の犬と戯れたり、いとこのお姉さんの赤ちゃんのお相手をしたり…
実家の犬はまだまだやんちゃ盛り。
まだしつけがなってないのか唸ったりもする。
抱っこなんて簡単にできやしないぐらい。
ところが私がしばし相手をしてやると遊べと言わんばかりに飛びついてくるし、甘噛みしてくるし。
もうね、手は甘噛みされまくりでべしょべしょ(笑
でも途中でキバを剥き出しにして来たんで、3~4回しつけでシメてやりましたw
そして最終的には抱っこ。

いとこのお姉さんの赤ちゃん(次女)にもすぐに懐かれました。
指は握ったまま離さないし…って、まぁそれは赤ちゃんの本能の把握反射なんだろうけど。
とにかく私に向かってニコニコ笑うし、よく声も出す。

親曰く、自分は小さい頃から犬に懐かれるってのがあったらしい。
自分ではよくわからない性質が今もあるのだろうか…

あとはいとこのお姉さんの娘さん(長女)が絆創膏を探してる時に職場の看護の日のイベントでもらったかわいいデザインの絆創膏をあげたら、これがまたすっごく喜ばれて。
ちっちゃい子はこんなのだけでもあんなに喜ぶものなのかとかなりおもしろかったですね。

というわけで、実家でお手伝いをしながら犬も含めお子ちゃまたちのお相手をしたりして楽しんでたりもしてました。

私がそんなことをやってる間の昨日。
東京の国際フォーラムではこちらが行われていたわけですね↓
IMG_0970 (600x448)
さださんのフルオーケストラライブのツアーファイナル。
しかもこれ、ファンクラブ先行で取ったSS席。
譲る時間の余裕もなかったので、大事に取っておきます。
電車賃が浮いたと思えば、何てことない…w
さださん、ごめんさいっ!!!
スポンサーサイト
3年   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック