2014_03
13
(Thu)23:42

新人フォローアップ研修で学んだこと

木曜日の日勤出勤が最近は当たる確率が低い傾向にある自分。
だから毎週木曜日の入浴担当に当たることももちろん少ない。
木曜日は大抵夜勤か休み。
もし日勤だったとしてもリーダーになるため入浴に当たることはしばらくなかった。

今日、かなり久々に入浴搬送…しかも全介助の患者さんでも湯船に浸かれる機会浴の方の搬送。
そんでもって人手不足なのもあってバタバタしまくり。
午前中はずっと病院内を走り回り、うちの病棟は3階で機会浴は2階のため階段を何度も昇ったり下りたり…
「運動だぁー!!」と思いながら走ってました(笑

午後は退院の患者さんもいたりで、その家族の対応をしてたりと目まぐるしく動いていました。


そんなバタバタしながら午後は15時から新人フォローアップ研修というのに参加して来ました。
研修と言っても病院内の研修で、全く堅苦しいものではありません。
新人として働いていた時期からまだそんなに年月が経っていないため新人の気持ちも分かるということで、3年目の自分たちが今の1年目の新人さんの悩みや思っていることに相談にのる…という研修でした。

この新人フォローアップ研修は今回で3回目で1年間を振り返って…という総合的な内容となりました。
お茶しながらみんなで話をしてとリラックスな雰囲気でやっていました。


話を聞いているとやっぱり自分たちが新人の時に思っていた悩みと同じような悩みが出ていました。

ところが、まさかあんな濃い話になるとは同僚と共に予想だにしていませんでした。

それは、別病棟の新人さんが先輩に無視されててつらいという悩みでした。
どんなにしっかり挨拶をしても、話しかけても無視をされて、しっかり申し送りをしたのに「申し送りされてない」と言われる…といったことが起きているとのことでした。
泣きながら悩みを言ってくれる新人さん。
そしたらそれが引き金になって、別の新人さんが急に号泣し始めたのです。

その新人さんは元うちの病棟にいて今月から外来に移動になった人でした。
元うちの病棟の新人さんは私とは別チームであったため、私は声を掛けたりすることはあまりないし、何かを教えるっていう機会もそこまでなかったし、別チームだから日勤で一緒になったとしても一緒に仕事をするっていう感覚ではありませんでした。
だから新人さんがどうやって動いていたのかなど私はよくわかりませんでした。
でも時々、事伝いでよくないことを聞いたりもしました。
だから新人さんの性格や行動とか、ちょいと問題があるとこもあったんだろうなぁとも思いました。
そんな中、新人さんに対して、まさかあそこまでひどいことになってるとは思わなかった…

プリセプターとうまくコミュニケーションが取れない。
カンファレンスの指定の紙を書いておいたのに知らないうちに捨てられていて別の人が丸っきり書き直してあったが、何がダメだったのか特に言われずに書き直されたことも言われない。
うちの病棟は回復期リハビリ病棟だから点滴をやる機会はごくわずか。
そんな中で新人も点滴をできるようにしなきゃいけないから、点滴をしてる患者さんがいた時期に「点滴をやりたいです」って言ったら「点滴をやる機会が少なくて先輩たちもできる時がなかなかないからあなたなんてできるわけないでしょ」と言われた。

…などなどいろいろあったそうな。
さすがにこれはひどい…


次期プリセプター有力候補となっている自分。
今回の研修を通して、もし本当にプリセプターになった場合は、もちろんちゃんと新人さんに指導してあげたいし、何がいけないか、どういう風にすべきなのかなどちゃんとコミュニケーションを取りつつ教えてあげていきたいなぁって思いました。
新人さんが変なひねくれ者でなければ…ですけど…(゜∀゜;)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック