2014_02
18
(Tue)23:16

2週連続記録的大雪

2月14~15日、大打撃を与えた記録的大雪。
先週に引き続き大雪でしたが、今回の方がさらにひどかった。

雪が降る前日あたりの昼間の情報番組で、前回の雪はさらさらの乾いた雪で積もりやすいがこの前のは湿った雪で積もりにくいと言っていたのを見た気がしました。
とんでもない!!
むしろもっと積もってるし!!!

15日の朝、この日は日勤。
雪が降ったから早めに出ないとなぁと思って前日に携帯のアラームを5時にセット。
母が5時前に起きて外を見て叫んで来たのです。
「吹雪いてるよ!!」
その言葉で飛び起きて車に積もった雪を落としてエンジンを掛けに行こうと外に出た時でした。
最初はサンダルを履いて出て雪を踏んだ瞬間、足がズッポリ!
車に被ってる雪の量も前回と比べたらとても比じゃない。
とにかく何とか雪を下ろして車のエンジンを掛ける。
…でもこのままじゃ車なんて動けるわけがない。

それで5~6時の1時間、母と雪かきスタート。
次第に雪が雨に変わって来てビショ濡れになりながらやりました。

ちなみに父親は真夜中にすでに仕事に行っており、すでに動けない状態になっていたそうな。

1時間雪かきをして何とか家を出ることができ、職場へ向かったのですが…
車を出して早々かなり危機感を感じていました。
自宅のすぐ近くにコンビニがあって、「なんかやばそう…コンビニで待機してた方がいいかな…」って思ったのですが、その反面何とか行けるんじゃないかと思ったとこもありコンビニに避難はしなかったのです。
のちにそれが後悔となりました。

前方を走っていた車がお尻を振りながら走ってるのを見てさらにやばい!となり、次のコンビニのとこで避難しようと思ったのです。
ところが、その次のコンビニの手前でトラックが雪に引っかかり斜めに止まって道路を塞ぎ立ち往生になってしまっていたのです。
そのトラックの運転手さんに「動かなくなっちゃったからUターンした方がいいよ!」と言われ、Uターンし自宅に戻ることにしました。

Uターンはできたものの、その後に私にも悲劇が…
半分ほど戻ったところで、私も雪に引っかかってしまい動けなくなってしまったのです。
途中通りかかった男性軍に助けて頂いて、少し動いたもののまた身動きが取れなくなってしまいました。
そのあとも何人か男性がお声を掛けてくださって助けてくれたのですが、完全にハマってしまってどうにもならず…
その中に偶然消防署勤務の方がいて優しく声を掛けてくれました。

結局立ち往生するしかなく、母に身動きが取れなくなったの報告をすると母が父に相談の連絡をしてくれたらしい。
うちの隣近所に親しい車の修理屋さんがいるのです。
そこの主人に父がヘルプの連絡をしてくれたと連絡が来ました。
その後に父からも「もうちょっとしたら来てくれっから安心して待ってなー」と連絡が来ました。
そこの主人、偶然近くにいたらしく私の車が身動きが取れなくなってるのを目撃していたらしく、長靴を履いてから行ってあげるよと言ってくれていたらしい。

しばし待つと修理屋さんの主人が到着。
雪をかいたりしていろいろやってくれたのですが、やっぱり動かず…
で、最終手段。
スタッドレスタイヤの空気をわざと少し抜いてあまくしたのです。
そうするとタイヤの接地面が広くなって動きやすくなるらしいのです。
そして無事に脱出!!
何とか自宅に帰還できました。

仕方なく午前中は自宅待機。

自宅前が県道になっているのですが、お昼近くになって次第に走ってる車が増え始めて、軽自動車も結構走っているのを目にしました。
軽自動車が走ってるんじゃ普通車の私の車もさすがに走れるだろう!と思い、お昼前にリベンジ出勤。

大雨が降ったおかげで雪がだいぶ溶けていましたが、今度は冠水してるところが多々…
すでに雪が凍っているところもあり、結構すべってたりもしてました。
そして無事に職場に到着!
半日遅刻でした。

職場には日勤者は朝の時点で3名しか来れていませんでした。
さすがにそのほかはみんな遅刻出勤。
徒歩で来たっていう人もいました。

この日は私は日勤→深夜のため病院へお泊り。
一緒に夜勤をやることになってた同僚はさすがにあの路面状況じゃ帰れないということで同僚も泊まることに。
でもさすがに病院に泊まったことのない同僚は寝つけなかったらしく22時半頃にすでに病棟に戻っていたそうです。
そんな中私はというと…
えぇ…病院にお泊りはかれこれ3年ほどやっているので慣れっこなわけで、それはもう爆睡だったわけで…w
同僚が起きたのさえ全く気付かず、寝返りを打ってふと目が覚めて同僚がいないことに気付き、携帯の時間を見たら23時51分でした。
慣れは恐ろしいってことです(笑

そして無事に夜勤も終えました。

夜勤を終えた日曜日の朝。
本来なら彼氏んちに行く予定でした。
でもこの雪の状況、いろいろと危ないので行かない方がいいだろうと自分の中で諦めていました。
いや…諦めていたはずでした。
でも夜勤を終えて路面状況を見たのと、電車が通常運行しているのを確認したりしたらまたよからぬことを考えてしまったわけで…orz
電車で行って逢いに行けないか??と考えてしまったのです。

一応確認で彼氏へ電話。
向こうは雪が除雪できてなくて車も入れない状況になっているらしい。
結局、何があるかわからないし念のためやめた方がいいとのことで逢うことはできませんでした。
まぁそれがやっぱり当然の結論ですよね。

前回の雪で逢えなかった分、まず1週間の間が空いたのですが、距離が保てた分、徐々に冷静さが出て来たというか、考える時間ができました。
依存しすぎてるよな…って考えてました。
そして仕事でめまぐるしく動いているのもあり、気持ち的に落ち着いて来たのです。
その代わり疲労と仕事に対するイライラがハンパないけど(笑

だから電話でしれっとした態度で話そうと思っていたし、できると思っていました。
…が、やっぱりダメだったわけでorz
そりゃーもうひどいなんてもんじゃない。
グズグズ。
なんでこんなに自分は弱いんだ…と自分に対してイラ立ち。

電話を終えて帰宅。
自宅では両親が雪かきをしていました。
夜勤明けでしたが、休まず帰宅ってすぐに雪かきの手伝いをしました。
おかげでイライラをぶつける対象ができたんだけどね^^;
「雪のせいで2週間彼氏に逢えねーんだよ、バカヤローーー!!」と心の中で叫びながら雪に対する怒りを雪かきで雪にぶつけていたのでした。

雪かきをしたのとすっかり晴れた天気のおかげで雪がだいぶ溶けていきました。

今回の雪では散々な目に合いましたが、あんな散々な目に合ったのは初めてだったため、いろいろと学ぶことはあったかなと思います。
*ムリせず車を出さないこと
*準備万端で行くこと

リベンジ出勤の時はスコップも積んで行きました。
最初からそうすれば多少違ったんでしょうけどね。
「備えあれば憂いなし」ってヤツですね。

仕事の行き帰りで事故に遭っている車を何台か見ました。
車が雪にハマってしまった状況になったものの、事故にならずに無事に自宅に帰還できたこと、そして無事に職場に行けたことは運が良かったのだと感じました。
そして車のナビのBluetoothでiPadと接続し曲を聴きながら運転していたのですが、シャッフルで流していたため偶然さださんの「償い」が流れた時はかなり胸に染みました。


同僚とも話していたのですが、15日の大雪の朝。
大雪に関する情報がテレビでやってないかと確認したのです。
うちのテレビは雪で見事にアンテナがやられたらしくテレビがつかなかったので、携帯のワンセグで見たのですが大雪に関するの情報はやっておらず。
ごく普通に土曜日の番組がやっていました。
NHKならやっているだろうと回してもお子ちゃまな番組がやってるだけ。
もっと各地の雪の情報が知りたかったのに!!
世間は土曜日で休みだろうけど出勤する人もたーくさんいるんだぞ!!!
朝の番組にイラっともしたのでした…


もう雪は勘弁して頂きたい!
今月、スキーに行く予定を立てていましたが、その気力を喪失させるほど雪に対する嫌気が出て来てしまいました。
まぁスキーには行きますけどね。

今週中盤に雪の予報となっていて焦りましたが、雪マークはなくなったので一安心。
いい加減、遊びに行かせてくれ…
いい加減、彼氏に逢わせろーーーー!!!!!

次に彼氏に逢った時にまず最初に突進してやる…
とか言って、いつもの如くできずにきっと想像で終わるだろうね(笑
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック