2013_12
04
(Wed)23:09

最後にすべき事

やはり昨日、おばあちゃんが息を引き取りました。
あの後、医師が来てくれて明確な診断となりました。

おばあちゃんは最後は何も言わずに静かに息を引き取ったそうです。

享年95歳。
誕生日が12月11日だったらしく、もうちょっとで満96歳というところで、この世を去ってしまいました。
でも、それでも大往生。
頑張って生きてくれました。

最後の最後に、おばあちゃんの介護をできなかったことがやはり自分の中で悔やまれます。
でも、父も父の兄もみんな私に「介護を頑張ってよくやってくれたよ、おばあちゃんはきっと喜んでくれてるよ」と言ってくれました。
そう言われると、私もやることはやった!と思えます。
今の職業を十分に活かして、おばあちゃんに携わることができた。
本当に今の仕事をやってて良かったと思えた。
それはおばあちゃんのおかげです。
約1ヶ月半、介護をやってあげていた自分にお疲れ様。

おばあちゃんにはとてもかわいがってもらいました。
小さい頃~小学生の時までかなぁ…
家族で泊まりにも行っていました。
みんなで花火をやったりホタルを見たりしました。

おばあちゃんのご飯もおいしかった。

行く度にお小遣いをくれた。
伯父さんのお嫁さんが同居するようになって、そのお嫁さんが金銭面にうるさく、孫にお小遣いをあげることすら許さなかった。
そんな中でも嫁さんに隠れてお小遣いをくれた。
私もこの仕事に就くようになって自分で稼ぐようになったし、何より悪いから受け取れないと言ってもおばあちゃんは私に「隠しておきなさい」と手渡して来た。
この頃、正直おばあちゃんと話すのが照れくさかった自分でした。


今日は母の代わりに弟のことをやりつつ、動き回っていました。

弟を施設に送り迎えをして、とりあえず私は遅刻して仕事へ。
職場に着いて師長に遅刻のことを謝罪するとなぜか「ありがとうね」とお礼の返事。
そのお礼の意味がわからん!
「来てくれてありがとう」って意味なのか!?と相変わらず師長にイラっとしてしまい、その後もイラっと思ってしまうことが度々ありましたが、いちいち気にする方がイカンと思い、忘れることにしました(笑

今週末は夜勤が入ってしまっていて、先輩が「夜勤を交換してもらって動けるようにしておいた方がいいよ」と助言を頂き、勤務を交換して頂きました。
その勤務交換の相談をしていたところに師長が登場。
「今日から忌引きだから帰っていいよ」

……。
はいーーー!?

亡くなった翌日からが忌引きだったようで、それを知らずに来てしまった私。
何の仕事をするわけでもなく帰ることになってしまいました。
無駄足でした…orz
でも勤務交換の交渉ができたからよかった…か。

しばし1週間ほど患者さんとはお別れ。
1週間も間が空くとなると患者さんの状況がどれほど変わっているか怖いです(笑

職場をあとにして、あんまりショゲてても仕方ないので思わぬ空いた時間を利用して昼食がてら気分転換でちょいと寄り道&買い物。
その後に母の頼まれ事を済ませて一時帰宅して、ちょっとだけ休憩。
そして弟のお迎えに行き、そのままおばあちゃんちへ行きました。

良いかたちでおばあちゃんを送り届けようと、母と親戚の方たちが集まって家の大掃除をしていました。
お嫁さんが来てからおばあちゃんも手がつけられないほど好き勝手にやられるようになってしまい、荒れ放題になってしまったおばあちゃんち。
途中で私も入り、荒れ果てた庭の除草を手伝いました。
おかげで見違えるようにきれいになりました。


おばあちゃんの顔も見て来ました。
かわいく、きれいな顔をしていました。
いつものように寝てるかのようで、声を掛けると目を覚ましてしゃべってくれるんじゃないかと思うぐらい。
おばあちゃんが元気に歩き回っていた頃の写真も置いてあって、それを見たらすごく懐かしく感じました。

葬儀で使う額縁の写真は私の成人式の時に撮った集合写真のおばあちゃんにするとのことです。
私の成人式の時の写真を使ってくれるなんて、何だかうれしいなぁ。


おばあちゃんの静かに寝ている姿を目の前にしたら、おばあちゃんが亡くなったってのが受け入れがたいです。
でも立場を変えて考えると、きっと患者さんの家族もこんな思いなんだろうなって感じます。
そしておばあちゃんを見ていると、命が尽きるとはどういうことなんだろう…と考えてしまいます。


実はうちの家系は悲報が続いていました。
私も今日聞いてビックリしたのですが…
11月5日、明日でちょうど1ヶ月になるのですが、我が家の愛犬・黒ラブのジャックが亡くなりました。
そして約1週間前に父の兄のお嫁さんの母が亡くなりました。
で、おばあちゃんが昨日亡くなり、そのおばあちゃんと同日、父の兄宅で買っていた雑種犬のマッシュも亡くなったとのこと。
マッシュはうちのジャックと同い年でした。

1つ1つ命の重みを感じます。

12月6日が通夜、12月7日が告別式。
この2日間に備えて明日は休息をとります。
そして最後までしっかりおばあちゃんを送ってあげようと思います。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

はじめまして。

時折お邪魔してはブログを拝見させていただいているTHE ALFEEファンです。


お婆様のお世話、精一杯頑張られましたね。
歯痒い想いや泣きたい想いをされた事も、たくさんたくさんあったのではないでしょうか。


お婆様をこんなにも愛情を持ってお世話されていた貴女ですから、ご自身にも愛情を注がないといけませんね。

日々忙しさに追われていた自分を、少し休ませてあげる事も忘れないで下さいね。

寒くなってきましたし、ご自身の心もお身体も御自愛下さいませ。


お邪魔致しました。

2013/12/05 (Thu) 02:35 | リカ #- | URL | 編集 | 返信

リカさん

こんにちは、はじめまして。

こんなしょーもないブログにお越し頂き、ありがとうございます<(_ _)>

おばあちゃんの体の状況でどうしてもできなかったり、断念したりもして来ました。
認知症が進んでしまって私のこともわからなくなって来てしまった時は悲しかったですし…
何より伯父さん夫婦の介護の仕方の問題のこともあって行く度にイライラしてしまって何度怒鳴ってやりたいと思ったことか…
などなどいろいろとやっぱり想うことはありますね。

この約1ヶ月半、多少ムリをしてしまっていたのでちょこちょこ休んで、また自由にあっちへこっちへと出かけようと思います♪

リカさんも風邪など引かないようお体にお気をつけてくださいね。
お気遣いのお言葉ありがとうございました。

2013/12/08 (Sun) 10:51 | かりぃ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック